• 竹内

日本語教育セミナー第二弾、無事終了

更新日:2019年3月14日



日本語の授業といえば、絵を描いたり、フラッシュカードを作ったりと、とにかく準備に時間がかかるというのは、よく聞く話です。


そのような日本語教師の思いから誕生したのが、このアプリ「Finger Board」です。

今回はご自身が日本語教育者でありながら、アプリ開発チームのメンバーでもある立部先生にお越しいただき、その使い方を紹介していただきました。


参加者の方からは、今までの授業準備を簡単にデジタル化してくれる、すごいアプリだとの声が相次ぎました。


少人数のグループワーク形式で実施することができたので、お互いに相談をしながら、多様なアイデアを生み出すことができました。


今後、最先端のIT教育を、明日の授業に生かすため、研修の機会を作ってほしいとの意見も多数あがりました。当所としては皆様のお役に立てるように、今後違った形での研修も検討してまいりたいと思っております。

#日本語教育 #電子教材 #IT授業

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示